プロフィール

中村 貴子(たかこ) 

 

 長男が生まれ、喜びもつかの間、医者より重度の心身障がいといわれ、2歳半の時に“障がい1級”に。先輩から厳しくも温かい激励を受け、前向きな人生をと決意する。障がいについて勉強し、様々な訓練を息子と共に受ける中、重度障がいの息子も自立心の強い青年に育ち、一人暮らしを始めて13年になる。息子と共に歩んだ30年を振り返り、これまでの経験を福祉施策に生かしていきたいと語る。持ち前の「情熱」「行動力」に期待する声は大きい。また、度重なる苦労を明るく乗り越えてきた姿に共感の輪が広がる。

 

自己紹介

・河内長野市会議員 

[生年月日] 

・昭和30年4月18日 大阪市西淀川区生まれ

 

[経 歴]   

☆富田林市立大伴小学校 卒

☆富田林市立第一中学校 卒

☆大阪府立羽曳野高等学校 卒

      (現 大阪府立懐風館高等学校)

☆三井住友銀行 勤務

☆登記測量設計事務所 勤務

☆決算常任委員会 委員長

☆総務常任委員会 委員長

☆現在 市議会 副議長

☆   公明党河内長野市部副支部長

★市議2期目

 

[地 域]  

・聖徳園元PTA会長 ・元小中学校PTA役員

・藤井寺支援学校元役員

 

[その他] 

・家族構成   : 夫・長男・長女・次女

・趣  味   : 音楽鑑賞・読書

・好きなスポーツ: 中学はバレーボール・高校は体操部

・好きな言葉  : 「心こそ大切なれ」・「桜梅桃李」